騎西城 / 埼玉県


この記事は2014年5月24日あも様に投稿して頂きました。

騎西城は戦国時代から江戸初めまであったお城で、戦国時代には小田顕家・助三郎父子、
成田泰喬が居城し、江戸時代には松平康重、大久保忠常・忠職父子が二万石を賜っていました。

永禄6年(1563)上杉憲勝が守る武蔵松山城が北条・武田に包囲されたことを受け、
謙信は越後から急ぎ、救援に出張ります。が、埼玉の北本に来たところで城は陥落。
目前まで来ながら北条・武田に攻略され、しかもその陥落は救援を待てず
上杉憲勝が勝手に降伏しちゃってのことなもんだから、謙信はそりゃ怒りまくり!

どっか城のひとつも落とさなきゃ気が済まない! のこのこ越後に戻れるか!

と騎西城をロックオンするやすごい勢いで攻め込むと、城にこもっていた女子供まで
「一人残らず撫で斬りにせよ」で落城させ、鬱憤ばらしをしたという・・・Σ(゚Д゚)!

そういうお城です。


城の概要

通称、呼び名 私市城,根古屋城
城郭構造 平城 沼城
天守構造 なし
築城主 小田助三郎、松平康重
築城年 康正元年(1455年)
主な城主

小田氏、松平氏等

遺構

土塁


インフォメーション

営業時間

前9時から午後4時30分(入館は4時まで)



周辺地図


じゃらん

おすすめ宿泊施設





みんなのレビュー

レビューを書く




Facebookでレビュー!

是非ご登録ください!

自薦、他薦OK

「日本の城めぐり」は、皆様の口コミやレビューによって構築されるコミュニティサイトです。ユーザー登録頂きますと、様々な情報をご自身で投稿することができます。自薦、他薦どちらも無料で登録OK!!皆様でお城の情報を中心に各地域を盛り上げていきましょう!