浄福寺城 / 東京都


この記事は2014年4月11日カルビン様に投稿して頂きました。

関東官僚上杉氏の守護代・大石氏が築城したとされる山城大石氏は木曽義仲の子孫と言われ、多摩地区に他に高月城や滝山城等も築城したとされています。

比高が150mと非常に勾配がきつく、ほとんど人が立ち入らない為に落葉が多くすべりやすい事・道が確認しにくい為、攻略には十二分にご注意を。

頂上から道なき道を更に奥に進むとはっきりとわかる遺構が見られますが、ある程度進んだ後は危ないので来た道を戻る事をオススメします。


城の概要

通称、呼び名 新城、案下城、松竹城
城郭構造

連郭式山城

天守構造

無し

築城主 大石信重
築城年

1384年

主な城主

大石氏、北条氏

遺構

土塁、堀切、郭

指定文化財

市史跡


インフォメーション



周辺地図


じゃらん

おすすめ宿泊施設




割烹旅館 五本松 (神奈川県)

相模湖駅から車で約5分とアクセスは良好。木々に囲まれ静かな空...


天下茶屋 (神奈川県)

水と緑豊かな自然に囲まれた当館。移りゆく四季を愛でながら過ご...




みんなのレビュー

レビューを書く




Facebookでレビュー!

是非ご登録ください!

自薦、他薦OK

「日本の城めぐり」は、皆様の口コミやレビューによって構築されるコミュニティサイトです。ユーザー登録頂きますと、様々な情報をご自身で投稿することができます。自薦、他薦どちらも無料で登録OK!!皆様でお城の情報を中心に各地域を盛り上げていきましょう!