熊本城 / 熊本県


この記事は2011年4月 4日熊本城下町様に投稿して頂きました。

日本三名城のひとつといわれる熊本城は、加藤清正が慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけ築城した天下の名城です。 その構えは豪壮雄大で、当時は大小天守閣はじめ、櫓49、櫓門18、その他の城門29を数え、実戦を想定した巨大要塞でした。自然の地形を利用した石垣は、敵に対する備えでもあり、明治10年の西南戦争では、薩摩の大軍を迎えて50余日の籠城に耐え、難攻不落の名城の真価を発揮しました。 しかし、薩軍総攻撃の3日前、原因不明の出火により、宇土櫓はじめ11棟を残し主要な建物を焼失しました。 現在の天守閣は昭和35年に再建されたもので、内部は熊本市立熊本博物館の分館となっており、肥後歴代藩主の武具や調度品のほか、西南戦争の資料などを見ることができます。

城の概要

通称、呼び名 銀杏城
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 3層6階
築城主 加藤清正
築城年 1607年(慶長12年)
主な城主

加藤家2代、細川家11代

指定文化財

国宝・重要文化財(宇土櫓など11の櫓、不開門、長塀)、特別史跡(熊本城跡)


インフォメーション

営業時間

4月~10月=8時30分~17時30分、11月~3月=8時30分~16時30分

電話番号 096-352-5900
定休日

12月29日~12月31日

費用

高校生以上500円、小中学生200円。「旧細川刑部邸」との共通券=高校生以上640円、小中学生240円



周辺地図


じゃらん

おすすめ宿泊施設




ホットペッパー Webサービス

おすすめグルメ情報




いちごお (通町筋)

熊本城・市役所前駅




みんなのレビュー

熊本城下町

熊本城は別名「銀杏城」(ぎんなんじょう)と呼ばれています。その名の通り、天守閣前に大イチョウがそびえていて、11月中旬頃から見ごろを迎えます。

二の丸公園にもイチョウがたくさん生えていて、緑の芝生に黄金色の落ち葉が広がる様子はまた趣きがあります。

ちなみに熊本城にイチョウが多いのは、籠城戦になった時の食糧確保のために加藤清正が植えたためと言われています。


熊本城下町

10月8日(土)9日(日)は熊本城にて「極城の祭典」が開催されます。

熊本・宮崎・鹿児島3県による共同開催で、3県の郷土芸能が見られたり、3県自慢の「食」が集まったりします。

また8日は、3県の女子高生による「書道ガールズ甲子園」、9日は九州全域の150団体による「三千人太鼓」(ギネス更新に挑戦!)なども開催されます。


熊本城下町

中秋の名月に合わせて、城内で「名月鑑賞の夕べ」を開催します。

9月11日(日)16時~ 野点と和太鼓演奏
9月12日(月)16時~ 野点と筝演奏

お城で見る満月は秋の風情満点!


熊本城下町

今年3月、熊本城に新しくできた観光施設「城彩苑」(じょうさいえん)が、8/4(木)放送の「秘密のケンミンSHOW」に登場します! 「辞令は突然に」のコーナーです!


熊本城下町

熊本城内の、加藤清正を祀った「加藤神社」で7月24日、「清正公まつり」(せいしょこまつり)が開催されます。
※熊本人は清正公のことを親しみを込めて「せいしょこさん」と呼びます

御神輿や千人清正などの神幸行列が市街地を練り歩きます。


レビューを書く




Facebookでレビュー!

是非ご登録ください!

自薦、他薦OK

「日本の城めぐり」は、皆様の口コミやレビューによって構築されるコミュニティサイトです。ユーザー登録頂きますと、様々な情報をご自身で投稿することができます。自薦、他薦どちらも無料で登録OK!!皆様でお城の情報を中心に各地域を盛り上げていきましょう!