諏訪原城 / 静岡県


この記事は2014年5月24日あも様に投稿して頂きました。

諏訪原城は天正元年(1573)武田勝頼が遠江侵攻の拠点とするため、馬場信春に命じて築かれました。駿河から遠江に入る要衝の地にある牧ノ原台地に作られた諏訪原城は
高天神城攻略のための陣城として、攻略後は兵站地としての役割を担ったそうです。


城の概要

通称、呼び名 牧野城、扇城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 馬場信春
築城年 天正元年(1573年)
主な城主

今福顕倍、今川氏真

遺構

土塁、曲輪、堀、馬出、井戸な

指定文化財

国史跡


インフォメーション

定休日

なし

費用

無料



周辺地図


じゃらん

おすすめ宿泊施設




ホテル1-2-3島田 (静岡県)

島田駅より徒歩7分!駐車場無料(大型車も駐車可)Wi-Fi、...



ホットペッパー Webサービス

おすすめグルメ情報




みんなのレビュー

レビューを書く




Facebookでレビュー!

是非ご登録ください!

自薦、他薦OK

「日本の城めぐり」は、皆様の口コミやレビューによって構築されるコミュニティサイトです。ユーザー登録頂きますと、様々な情報をご自身で投稿することができます。自薦、他薦どちらも無料で登録OK!!皆様でお城の情報を中心に各地域を盛り上げていきましょう!