館林城 / 群馬県


この記事は2019年3月30日たぬきち様に投稿して頂きました。

館林城は群馬県館林市にある戦国時代から江戸時代の城。もともとあった城を徳川四天王の榊原康政が石垣を持つ近代的な城に作り替えた。
現在は復元門がある。


城の概要

通称、呼び名 尾曳城
城郭構造 梯郭連郭複合式平城
築城主 赤井氏
築城年 15世紀頃
主な改修者

榊原康政

主な城主

赤井氏、榊原氏、松平氏、徳川氏

遺構

曲輪、土塁、復元門

指定文化財

市指定文化財


インフォメーション



周辺地図


じゃらん

おすすめ宿泊施設




ホットペッパー Webサービス

おすすめグルメ情報





みんなのレビュー

レビューを書く




Facebookでレビュー!

是非ご登録ください!

自薦、他薦OK

「日本の城めぐり」は、皆様の口コミやレビューによって構築されるコミュニティサイトです。ユーザー登録頂きますと、様々な情報をご自身で投稿することができます。自薦、他薦どちらも無料で登録OK!!皆様でお城の情報を中心に各地域を盛り上げていきましょう!