彦根城 / 滋賀県


この記事は2022年4月10日POYOBUCHI様に投稿して頂きました。

これも現存12天守、国宝5城に入ります。井伊直政が関ヶ原合戦後、石田三成の城、佐和山城に入城し、井伊直政が城下町などの築城計画を立てますが、合戦の傷が治らず死去。その後井伊直継が後を継いで彦根城を築城、明治時代の廃藩置県も逃れ今は立派な天守が建っています。今は世界遺産を目指して保存に取り組んでいます。

天秤櫓や太鼓門櫓などの櫓が現存する他、立派な石垣が城を防衛しています。またこの城の天守閣は破風が多く日本一の数を誇ります。少し小さい天守閣ですが、それでも破風によってとても豪華になっています。


城の概要

城郭構造

連郭式平山城

天守構造

複合式望楼型

築城主 井伊直継
築城年

1606年

主な改修者

井伊氏

主な城主

井伊氏

遺構

石垣、櫓、門、天守、曲輪、水堀、塀

指定文化財

国宝


インフォメーション



周辺地図


じゃらん

おすすめ宿泊施設




ホットペッパー Webサービス

おすすめグルメ情報







みんなのレビュー

総合管理者

運営事務局です。
この度はお城の情報を投稿頂いてありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


レビューを書く




Facebookでレビュー!

是非ご登録ください!

自薦、他薦OK

「日本の城めぐり」は、皆様の口コミやレビューによって構築されるコミュニティサイトです。ユーザー登録頂きますと、様々な情報をご自身で投稿することができます。自薦、他薦どちらも無料で登録OK!!皆様でお城の情報を中心に各地域を盛り上げていきましょう!