村上城 / 新潟県


この記事は2013年2月 5日あも様に投稿して頂きました。

村上城は室町時代に本庄氏が地頭として入り城を築いたのが始まりと言われる。
その後、勢力拡大した本庄氏は戦国時代には上杉謙信とも戦うものの、家臣となって上杉家の会津移封に同行。堀秀政の家臣、村上頼勝が入封し、本庄城から村上城へ改称。現在の遺構である近世城郭に大改修された


城の概要

通称、呼び名 舞鶴城、本庄城
城郭構造

平山城

天守構造

望楼型3重

築城主 本庄氏
築城年

不明(1500年代)

主な改修者

村上頼勝・松平直矩

主な城主

本庄氏、堀氏、内藤氏

遺構

石垣、堀

指定文化財

国史跡


インフォメーション



周辺地図


じゃらん

おすすめ宿泊施設




ホットペッパー Webサービス

おすすめグルメ情報




みんなのレビュー

レビューを書く




Facebookでレビュー!

是非ご登録ください!

自薦、他薦OK

「日本の城めぐり」は、皆様の口コミやレビューによって構築されるコミュニティサイトです。ユーザー登録頂きますと、様々な情報をご自身で投稿することができます。自薦、他薦どちらも無料で登録OK!!皆様でお城の情報を中心に各地域を盛り上げていきましょう!